プチダイエット

「多少太っていても、食べることが出来なくなる日も来るわけだから
 食べられるうちはお腹いっぱい食べなよ、とは
 思っていたけど
 急激に太ったからバランスがついて行かないようだが」
ママがぼくを覗き込む。

ぼくはよろけて転んでから
今度はベッドの隅間に落ちて
出られなくなった。

それも横向きに倒れて落ちた。


さすがにちょっと凹む。

「凹むどころじゃなかったじゃない。
 夜中にギャーって怒って」
ママは、困ったもんだ、と腕を組む。

だって驚いたんだもん。
ひとりで抜け出せなかったし。

猫としてあるまじきことだ。

「ご飯をいつでも山盛りに置いておくのは止めます。
 小分けにちょっとづつ食べる作戦ね。
 食べないと出ない大腸だから
 様子見ながら頑張りましょう」
って事になったんだけど
お陰様で今日はウンチが出なかった。

それも困る。

「適量って難しいよね。
 お爺ちゃんに運動を強いる訳にもいかないし」

でもちょっとずつできることからやってみよう
ってママは作戦を立ててた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 内臓にお休みを

  2. 祭りのあと

  3. そしてぼくはママにちょっかいを出す

  4. 1次審査、通過!

  5. 通りを緑に

  6. 生きるって

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)