フードフェア

ママが帰ってきたと思ったら、鶏のモモ焼きを取り出した。

「元町はフードフェアなのだよ」

炭火で焼かれたそれは、ママのお店のある河岸通りの
夏祭り参加でポップコーン製造機を貸し出してくれているおじさんの
お店で売っていたらしい。

「大盛況で、並んじゃったわ」

毎年何か買って帰って来ては、それが夕飯になるんだけど
今年は珍しく写真を撮ってきている。
珍しいね、と声をかけるとママは目を細めた。

「元町だよりの編集部に入ってしまったもので」

なにそれ。
また何かママは仕事を引き受けたようだ。

「元町の自治会の広報誌。
 編集長が来て、街のネタを拾ってきてよって。
 健康の話って連載は1年分出し終わったのよ。
 そしたらさっそくフードフェアだもの。
 でも思うような写真じゃないんだよね。
 明日も行ってくるか」

ママは腕を組んだ。

編集長は写真を撮らないの?
ママは夕方には帰ってくるので
夜のイベントの写真を撮ってくるのは難しい。
パパが、お腹空いた、と騒ぐからだ。

「編集長はお仕事でイタリアに行ってるの。
 でも自治会報誌なんてボランティアで回ってるから
 無給なのよ。
 編集長も気持ちのいい人だし、あたしも嫌いじゃないからやっちゃうけど
 写真の技術はないんだよなぁ」

「顔がわからないように遠目で撮って見たら
 知り合いが入っちゃうし」

あ。三丁目の花壇、やってくれてる人でしょ?
うん、とママはうなずいた。

「おかしいよね。ひとりでお店をやっているはずなのに
 知り合いがいっぱいだ。
 不思議な街だよ、元町って」

ママは肩をすくめている。

うーん、ぼくはちょっとわかる気がする。
それはママが好きで手を出してるからね。


猫との暮らしランキング




院長について料金・営業日時お店の場所時間外ご予約メールご予約電話(スマホ用)

横浜元町 てあて屋みわ整体トップへ移動

関連記事

  1. 見本その2 ママ

  2. ママはぼくとパパを置いて

  3. クールビューティー

  4. 浮かれ気分で

  5. どっちが産んだのかは問題ではない

  6. 特大牛乳みかん寒天の日

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)