フキノトウ、再来

「えへへへ、摘んでたら遅くなっちゃった」
とパパがビニール袋から何かを取り出した。

おぉ、春だね、とママが呟く。

天ぷらにするぞ、とパパはいそいそキッチンに向かった。

この時期にパパが摘んでくるものと言えば

フキノトウだった。

ゴルフ場は広い。
どこまでも緑地だった。

ママは、ゴルフ場の緑管理の仕事をしようかな、なんて言ったりする。
日当たりも良くて
道具も揃ってるし
カートで移動できるし、って。


ぼくは、天ぷらかぁ、とため息をついた。

そうなっちゃうと、匂いも嗅げないよ。
ホカホカ、湯気が出てるし。


そしてぼくは知っている。
フキノトウ祭りは、まだ続く。

パパは摘むのが好きだからね。
食べきれないほど摘んできて
それでもママは毎日頑張って食べて
パパがもういらない、って言って
じゃぁもう摘んでくるな、ってママが言って
終る。

それがフキノトウの再来。
毎年の我が家の風景。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 毎朝の風景

  2. ぼくもがんばります

  3. 自分から関わってきたのかが問われる

  4. Do Not Enterでどう?

  5. 安全な場所だと思っている

  6. ここは誰の縄張りなのか

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)