パーができる

「あら。なーちゃん、パーできるのね」

ママがぼくの手を見てそう言った。
ぼくの手は脚でもある。
でも一応こっちは手。

寝ながら伸びをすると開くんだ。
ストレッチと言われそうだけど、そんなつもりもなく
勝手に開く。

「意図的にやらないで開くのが一番良いのよ。
 意図的にやった時だけ開くんじゃ
 咄嗟の対応に間に合わないからね。
 なんだかんだ良い身体してるよね」
と、ぼくの背中をママは撫でた。

そう?
ゴロゴロしてるだけだけど。

「ゴロゴロしてても良い身体なんて
 誰もが羨むわよ。
 まぁ、ゴロゴロしてるだけじゃないからね。
 伸びもして、バランスも良くて
 クヨクヨしないで
 よく眠る。
 あたしも見習おう」

ママはぼくの横でゴロリとなった。
パパはいつもゴロリとしてるけど。

どうぞ。まねしてよ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 自治会婦人部

  2. いつの間にか実ってた

  3. ママの声が聞こえる

  4. リセットは大事

  5. あいかわらずなボクら

  6. 寒いけど温かい

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)