パン屋が最後

「コロナになってからの時間を改めて感じたのだけど」
ママが神妙に話し始めた。


そうだね。2度目の秋だね、とぼくも応える。

「うちのお店に来てた人が
 今年の春に亡くなった、って聞いたんだ。
 バトミントンを仲間でやってて
 その後の飲み会を楽しみに生きてた
 80代の女子だったのだけど」


話を聞くと元気そうだけど。

「元気だったよ。
 そりゃ、あちこち痛いって言って
 不定期に来てたんだけど
 最後に会ったのは近所のパン屋だったんだ。
 牛乳買ってくれたりして。
 気が付けばそれは
 コロナ前だった。
 触ったことがある人が亡くなると
 自分の一部が無くなった気がするんだよね。
 もう誰も私より先に死なないで欲しい。
 そうも行かないとはわかっていても
 そう思う」

ママはそう言うと
ぼくを触りだした。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. まだ夏は続いている

  2. 喉の不調は耳鼻咽喉科じゃないの?

  3. パパこんこん

  4. 去年と比べてみる

  5. プロポリスの効果

  6. ぼくが猫かウサギかなんて、ママにはどうでもいいみたい

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)