パパもママも取られてしまった

「いやほら、ママのお客さんから電話が来て
 うちの下で子猫が鳴いてるから、あんた、見てきて
 って言うからさ、見に行ったら
 ママ猫はいないし
 目は開いてないし
 カラスに狙われちゃってるし
 この子だけしか、カラスから奪ってこれなくて」

ママはマゴマゴと説明をする。

「でも鳴き声は大きいし
 ミルクと温度だけは、なんとかできるかもって」

ママはお店の近所のドン・キホーテに走って
子猫用ミルクと哺乳瓶と小さい貼らないカイロを、買ってきたらしい。

「だって、こんなよ。あたしの手のひらよりも小さい」

「こんなじゃさ、外に置いておけないじゃない」

「うねうね、動くし」

「こうでしょ?」

「こうでしょ?」

「目が離せないから、自転車に乗っけて帰ってこれないじゃない。
 だからパパに迎えに来てもらったのよ」

あ、鳴いてる。
ミルクミルク

と言うとママは急いでキッチンに向かう。
哺乳瓶を熱湯消毒し
ミルクの温度を人肌にして持ってくる。

大変大変、と言いながら、ママは楽しそうだ。

「小っちゃいね~
 かわいい~
 ちびっこいから、ちーちゃんにしよう」

パパはニコニコしてデレデレしている。

ぼくは、なんだか独り取り残されたような気がした。

ママ、ぼくも、ごはん。

「なーちゃんのカリカリは、まだ入っています」

ママはちーちゃんから目を離さず、答えた。

ぼくはそっと、その場を離れた。
階段に向かってもパパもママも、ぼくを引き留めない。
いつもなら
なーちゃん、どこいくの~?
って聞いてくるのに。

振り向いても二人はこっちを見ていなかった。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ドアストッパーなのか

  2. シタちゃんのお散歩

  3. つけてあげない

  4. ご機嫌パパ

  5. 内緒話を盗み聞く

  6. 時の流れは うつりにけりな いたずらに わが身世にふる なが…

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)