パパの告白

ぼくがひっそりと段ボールに入っているときだった。
二人はまだぼくがここに居ることに、気が付いていない。
飛び出したら、驚くかな、ってワクワクしているときだった。

「今のところ、辞めたいんだ」

パパがつぶやいた。

ママは黙ってお茶を飲んでいる。

え。
パパ、辞めるって?仕事?
ぼくのワクワクは、しおしおとしおれ、
出るタイミングを逃した。

「あの時、無理やり決めてきてくれたんじゃないかな、って思ってた」
ママは、ふ、と息を漏らして答えた。

パパは、そんなこと、ないよ、って小声で答える。

「いいよ。そこが合えばめでたしだけど、そうじゃないなら
 もう無理している必要はないと思う。
 あの時、仕事を決めてきてくれて、ほんとにありがたかった。
 母共々、お礼を言います。

 やっぱり、働きたいところで働かないと。
 仕事をしてる場所って、生活の大半だからね。
 ただ、前回みたいに失業保険は下りないよ。
 まだ務めて5ヶ月だから。
 でもさ、じゃ、あと1ヶ月頑張って、三か月後に支給になって
 でも6割しか出なくて、なんてやってるよりは
 さっさと動いたらいいと思う。

 しかし、だいぶ母がいるときに貯金を崩しちゃったから
 できればアルバイトをしながら、時間を作って就職活動をしてほしい。
 どう?」

パパは、ほっとしたようにうなずいた。

「と、言うわけで、また昼間はパパとなーちゃんの時間になりますが
 そこの段ボールの人、いいですか?」

え?
ばれてたの??

ぼくはゆっくり顔を出した。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 台風が帰ってきたみたいだよ

  2. こたつの線は、噛んじゃだめらしい

  3. ぼくの知らなかったこと

  4. 夕焼け

  5. だれ? その9

  6. 花畑ごっこ

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)