パパにスライド

「あら、やーね。
 それでここのところ機嫌が悪かったの?」

ママは、きっ、と水を止める。
キッチンからぼくを覗き込んでそう言った。

機嫌が悪い、とかそぉいうのじゃないもん。

ぼくは、ぷい、と横をむく。

「だって、まだ捨ててないじゃない」

ママはため息をついて、コタツにやってきた。

だって、ぼくあのキャットタワー、好きなんだよ。

「でもボロボロじゃない。
 あんたがめちゃめちゃに爪とぐから」

そうだけど。

「捨てておしまい、って言ってないじゃない。
 新しくしようかな、って思ってたの。
 でも、高いのよ、あれ。
 そうそう買えないから悩んでるの。
 使うなら修理しようかな、とか。
 要らない部分は取っちゃおうかな、とか」

そうなの?

ぼくは、ただ単にママが
必要ないから邪魔だ、って思ってると思ってた。

ママはコタツにもぐりこみ
つまりはぼくの下に膝が来るようにして
座った。

「あのねー。
 パパとなーちゃんは片付けができないでしょ?
 ママがジャッジしていかなきゃ
 ここゴミ屋敷になっちゃうの。
 捨てるのだって大変なのよ。
 分解して、袋に詰めて、表に出して、って。
 それしないなら新しいものは入れない、ってしないと。
 ちゃんと、なーちゃんに確認取ったじゃない。
 勝手に捨てたりしないでしょ?」

パパのは勝手に捨てるけど。
キリがないから。

ママはゆっくりお茶をすする。

まぁ、そんなに好きなら保留にしとくわよ。
他にも片さなきゃいけないものあるし。

キランとママの目はひかり、
パパの服が山盛りになったボックスを横目で見ていた。

ぼくは、はぁ、と安心の息を吐きながら
パパ、ごめんね、って呟いた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ぼくの意見

  2. いつかまた、どこかで

  3. ミミちゃんからのタレコミ

  4. とは言え、ちょっと落ち込む

  5. 人見知りなので、勘弁してほしいです

  6. ママとぼくの作戦会議

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)