パパこんこん

パパがぐったりとして目を閉じている。
おかしいな。テレビ見ないのかな。

「なんか、喉が痛い気がする」

パパがうっすらと目を開けて呟いた。

きゃー
またこの時期!?

ママは悲鳴を上げた。

たしか数年前、お正月があけると同時位に
パパはインフルエンザを持って帰ってきた。

「家庭内感染ほど怖いものはない」
とママは震えている。

そうそう、あの後ママにも移って
十年も病欠をしたことがなかったのに
ママはお店を休まざるを得なくなった。

「あたしの皆勤賞記録がぁぁぁ」

と、ママはへこんでいたけど
もう二度と同じ過ちは繰り返さない!って
お風呂を沸かし
登別の素を入れ
コタツカバーも
布団カバーも
パパのパジャマも
洗濯し始めた。

風邪菌を撃退しているらしい。
やばいな、またぼくもお風呂に入れられそう。
年末に入ったばかりだし
寒いし。

でもしかたない。

パパはぼくにちゅっちゅってするし
ママもぼくにちゅっちゅってするからなぁ。

はぁ


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. パパからの電話

  2. そんな年頃だし

  3. 次の世代へ

  4. また夏が来るって

  5. ねこだらけ

  6. 時の流れは うつりにけりな いたずらに わが身世にふる なが…

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)