パパからの電話

「あら。パパから電話だ。
 なーちゃんも一緒に出ようよ」

ん?

ぼくは丁度起きたところだった。
いつもはLINEで、仕事終わったよ~、って
連絡してくるパパが、電話をかけて来た。

「何か買ってこようか、って聞いてくるのかもよ。
 なーちゃん、何がいいか考えておいて」
と言うと、ママは、はいはいもしもし、と電話に出た。

「ママちゃん、ごめんなさい」

スピーカーにしたスマホからパパの声が聞こえる。
何やら謝っているみたい。

「明日から、お店来ないでいい、って。
 クビになっちゃった」

ぼくとママは顔を見合わせる。
少しの間の後、ママは返事を返した。

「かまわないよ。
 そろそろかな、と思ってた。
 パパちんは未練はない?」

パパは少し黙った後、ほっとしたように
「ない。
 もう、もうしません、とか100回紙に書かされるの、ヤダ」
って答えた。

だよね、ってぼくとママは顔を見合わせる。
小学生じゃないんだから、って笑う。

「よく1年、仲良くやってきたと思う。
 帰ってからも酔っ払いLINE、よく付き合ってあげたと思う。
 もういいよ。
 こっちの準備はできている。

 会社都合の解雇なのかは聞いてきて。
 手続きが変わるから」

電話を切ると、ママはぼくを覗き込んだ。

「さて、なーちゃんはまた明日から
 昼間パパと一緒です。
 お昼寝できないかもよ?」

ってぼくの額を突っつく。

え~
またか~

って言うと、ママも
またか~
って天井を見上げた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 反抗むなしく

  2. ぼくイケメン?

  3. ぼくはクーラーの中で

  4. 本人がそう言うのなら

  5. はじめまして

  6. 負けを認める

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)