トラさんでもトラちゃんでも

ぼくはお庭を眺めているトラちゃんを見ていた。
いつまでもジッと何かを見つめている。
トラちゃんの目には何が写っているんだろう。

毛はぼさぼさであちこち剥げていたり
肩甲骨が浮き出ていて
歳を取ったなぁ、って空気満載だけど
それでも、格好よく見える。

トラちゃんはぼくの気配に気が付いたのか
顔をこちらに向けた。

おぉ。なーちゃんや。

ぼくは口角が上がった。
今日はトラさんだ。

おはよう。今日は涼しいね、と話しかける。

あぁ、そうだな、とトラさんもほほ笑む。
歳を取ると今日みたいな日は天国に感じるもんだ。
まぁ、生きていて天国を感じられるなら
歳を取るのも悪くない。

トラさんのときもトラちゃんのときも
ぼくはどちらも好き、って思った。
それは本質は変わらない、という事で
根っこがカッコイイからな、って思った。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ぼくの権利

  2. 魔女の宅急便

  3. 何度でも何度でも

  4. 鯉ちゃんの様子がおかしい

  5. ご機嫌斜めのジャック

  6. 魚の匂い

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)