テレビっ子

「おいこら。
 テレビっ子」

「おい。こら。
 テレビっ子ども」

ん?

パパとぼくは同時に振り向く。

「そうだよ。
 君たちのことだ。
 夕飯ができあがったんですけど。
 運ぶの手伝いましょうか、とかないの?」

ママは、ぶー、と口を尖らせる。

ははは。
ぼく運べないし。
っていうか、ぼくのご飯じゃないし。

「カリカリ補充してあげないわよ」

ママの片方の眉が吊り上がる。

パパは、はーい、お腹空いたー
と言ってコタツから出る。

ぼくはそのままテレビの前から離れない。
だって、もう、食べたんだもん。

あ、子猫がいっぱい。
可愛いなぁ。

もー
なーちゃん、可愛くなーい

ママは鼻に皺を寄せてぼくを睨んでいる。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ぼくを毛むくじゃら蔵と呼んだ金魚

  2. 止められないこと

  3. そして、気を失った

  4. お茶会

  5. ひとりは自由だ

  6. のびのび生きてるよ

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)