セガール好きの男たち

あれ?
なんか動いた。
と言ってパパは窓に近づいた。

今日のパパはお休みで
いつものように録画しためた午後のロードショーを
朝から見ている時だった。

パパ、ママが掃除機かけておいて、って言ってたよ
と伝えても
これ見終わってから~
と動かなかったのに。

ん。あの場所は。
ジャックだな。

ぼくもテーブルの下で、ひょい、と顔を上げる。
ぼくも午後のロードショー見てたんだよね。

ほら、やっぱり。
ジャックは中の様子をうかがっていた。

ジャックもテレビ、見たいのかな。

「あー。ジャックかぁ。
 なんでそんなところに乗ってるの?
 ご飯は?」

パパはジャックに話しかけた。

パパさん、どうも。
いや、オレは別に
セガールがやられちゃうんじゃないかと
心配になってよぉ

ジャックがもじもじと答える。

あ、やっぱり。見てたんだ。

ちょうどテレビ画面はスティーブン・セガールが
悪役に殴られたところだった。

「あ、見てたの?
 じゃ、カーテン開けてあげるね」

サンキュー、パパさん。
話の分かる男だねぇ

とジャックもご機嫌だ。

ぼくは、中に入って見ればいいのに
と思ったけど
そこはジャックの流儀かもしれない。

ぼくたちはその後、
セガールが悪人をバッタバッタと倒すところを
キャーキャー言って鑑賞した。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ぼくの相談

  2. ママはぼくとパパを置いて

  3. 同様に、気を使う

  4. 身體健康

  5. 24

  6. それでももう春

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)