ステージが1つ上がったみたい

爪も肉球に刺さらなくなって
やっぱり快適に歩けた。

ママは
「関節が痛くて歩けなかった訳じゃなかったんだね」
と安心して
パパも
「怒られながら切った甲斐があった」
と喜んだ。

ぼくも久しぶりにパパのベットに上がって
ふむ、まだまだ行けるな、なんて思ったりした。

若い頃みたいに、キャットタワーの1番上まで登ることは
もうないかもしれないけど、
年齢に合わせた生き方に慣れるって
ちょっとマゴマゴするけど、
またそれが日常になる。

ひとつずつステージを上がって行くのも悪くない。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. トラさんでもトラちゃんでも

  2. パン屋が最後

  3. 名残を惜しむ

  4. 毛布とタオルケット

  5. つっぱることが男のたった一つの勲章だぜ

  6. ほら、テルマエロマエの

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)