トラさん

「ほんとに?」

ママはベットメイキングの手を止めて、ぼくを見ている。

うん。
間違いないと思う。

ぼくたちがここに引っ越してきたころ、
ぼくは慣れない家で、怖くて、引きこもっていた。
そんな時、出会ったのがトラさんだった。

「なーちゃんの恩人だからなぁ。
 あたしもご挨拶しないと」

ママは嬉しそうに微笑む。

でもね、でもね。
ぼくは、言い淀んだ。

なに?とママはぼくを見つめる。

なんか、すごく、おじいちゃんになってて。

ぼくは動揺していた。
あの、トラさんが、傷だらけで、首も毛が薄くなっていた。
傷だらけという事は、誰かと戦って負けた、という事だ。

「うーん。あれから五年かぁ。
 なーちゃんだって歳とったし
 あの頃ずっと年上だったトラさんは
 もっと歳とっただろうし。
 そして今、ジャックが全盛期だし、
 鉢合わせないと良いけど」

ママは難しい顔をする。

ぼくも心配になった。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 探検ミミちゃん

  2. 変化が著しい

  3. いつかの桜まつり

  4. だれ? その8

  5. 応援の仕方がわからない

  6. ごろつき

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)