クリスマスツリー

くんくんくん。
何やら見知らぬ物がコタツの上に上がっている。

なんだろう。
生きているのか死んでいるのかもわからない。

どれどれ。
押してみよう。

ぼくはゴリゴリと頭をこすりつけた。

「おいおいおい。
 だめだめだめ。
 倒れちゃうよ」

ママが洗濯物を抱えて二階から降りて来た。

「ほら、昨日、パパ忘年会だったじゃない。
 テーブルに乗っていたやつ貰ってきてくれたんだって」

へぇ。
忘年会?
もうそんな時期?

1年は早くて、コタツも仕舞われちゃったと思ったら
もう出てて、世の中では年末がちかいらしい。
ぼくにはあまり関係ないんだけど。

「今年の冬は暖かいものね。
 12月って感じがしないのは
 あたしも思う。
 でもお外のニャンコたちは
 今年は楽だな~、って喜んでるんじゃない?」

ママは、つぃっと窓の外を見やった。
いいお天気、って目を細める。

そうだ、クリスマスのチキン、みんなで食べよう。
今年は家族が多いから大変だわ
ってママはウキウキしだした。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ママの帰国

  2. なんだか凛々しい

  3. 俺は鶴じゃねーけど

  4. ぼく、相棒

  5. ぼくの相談

  6. 掘り進めてみた

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)