キャットミント

こ、この香しい匂いは。
もしや。

ママが網戸を開けて、入ってくる。
手にはビニール袋が下げられていた。

「ほい。
 ご希望の品」

おぉう。
これは。

キャットミント!!

どこまでも!
キャットミント!

「なにがそんなに良いんだろうね。
 猫草みたいにかじったりしないのに。
 くんくんくんくん、匂いだけ嗅いで。
 いっそ、まみれてみる?」

ママはそう言うと段ボールを組み立てて
ビニール袋を逆さまに振った。

きゃぁ!
入る入る!

わしわし

くんくん

すごく良いです!

「なーちゃんは、またたびよりキャットミントなんだよね。
 なんで?」

あたしも入ろうかな、そこ。
ってママは顔を近づける。

ダメダメ。
これ、ぼくの。

「パパちんも職場に持って行くし
 なーちゃんも喜ぶし、これ
 引っ越してきたときに、ご近所さんがくれたんだよ。
 ありがたいですね」

ママはゆっくり目を閉じる。
ありがたい、って有難い、って書くんだよ。
そう有ることが難しいって意味なんだよ。
もらえるなんて、ない、って意味なんだよ。
ってママは力説する。

ぼくは、そうなのか、
ありがたい
ありがたい
って呪文のように唱えて
段ボールに沈んだ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 今度は家のほう?

  2. 健康の道

  3. とは言え居ついている

  4. ゆすらうめ

  5. 怪我なんて、勲章だ

  6. 悪戯が過ぎると言われても

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)