オセロブルー

ママの自転車の籠に入る苗は
最大12個で
空になったバスケットは6個あって
1つのバスケットには12個の苗が入る。

つまり全部のバスケットが出来上がるには
6回運ばないといけない。

仕事で遅くなる日もあるし
食料を買って帰る日もあるし
毎日苗を買ってくるわけにも行かない。

買っては作りを繰り返しているから
中々全部出来上がらない。

さらには
「おや?
 珍しい品種が紛れていたぞ」
と言って
バスケットではなく、普通のプランターにも
植えだした。


終る気がしないのはぼくだけ?


珍しいと言われたその花は
白いビオラだった。

「今は白だけど
 白じゃなくなるんだって」
とママは言う。

どれどれ、と毎日見ていると
ホントに白じゃなくなった。

すごい。

白から青へ。

オセロブルーって言うらしい。

なるほどね。こんなのがいるなら
作業は遅くなる。
ただ苗を埋めるだけの事じゃなかった。

ぼくも毎日の変化が楽しみになった。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 始まりの道

  2. 1日一握りのナッツ

  3. プラ板ピック制作の練習、と言う名の

  4. さぁ始まる

  5. でっかちゃんのしっぽ

  6. 小鳥の真似をしてみたらまんざらでもなかった

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)