イクメンパパ

翌日はパパがお休みの日で
ママは仕事に行かなきゃいけないので
せっせとパパに昨日の晩のことを伝えている。

「ミルク飲む間隔が近いから、けっこう忙しいよ。
 哺乳瓶は熱湯で消毒してから、ミルク作ってね。
 飲ませてちょっとしたら、濡らしたティッシュで肛門を突っついて。
 おしっことうんちが出るから。
 終わったら、カイロの入ったタオルに乗せてあげてね。
 湯たんぽ代わりのペットボトルも、熱すぎず冷たすぎずをキープして。
 これが1時間のサイクルだから。
 頑張って」

えぇぇ、とパパはひるんでいたけど
なるべく早く帰るから、と言ったママを信じて待つ!とやる気も見せた。

「さて、ちーちゃん、うんちかな~?」

ちょんちょん、と濡れたティッシュで肛門を突っつく。

「わぁ~、ちっちゃいの出た~
 なーちゃんと違って、臭くないですね~」

む。
ぼくだって、そんなに臭くないし。
ぼく、パパにそんなことしてもらったことないし。

「だってなーちゃんできてたじゃん。
 あ、ちーちゃん、ねんねですか?
 よしよし、ここに入るんだな」

パパはデレデレしながら
もーまだ柔らかくて、どう持てばいいかわからないよね~
ってちーちゃんに話しかける。

「なーちゃんも、仲良くしてね。
 いじめちゃ、ダメだからね」

ぼくは悲しくなった。
いじめるつもりなんか、ない。
ただ。
パパとママと一緒に居たいだけなのに。

ぼくは食欲もなくなって、そのまま階段を上がり
ママの布団で丸くなった。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. お墓参り

  2. 人見知りなので、勘弁してほしいです

  3. ぼくが拾われたときの話をしよう

  4. やるかやらないか、だよ

  5. そうだった、ぼくにもそんな日はあった

  6. 久々のお茶会はぼくの興奮から始まった

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)