アンニュイなぼく

はぁ。

お日様は温かいし、ご飯もあるし
クッションまで使っちゃって。

ぼくはここで何をしているんだろう。

こんなに何もしないで
お外の厳しさも忘れて。

はぁ。

どうしてぼくはここに居るのだろう。

「また始まった」

ママが腰に手を当てて、ぼくを見降ろしている。

だって。
なんでぼくはまだ生きているんだろう、とか
これから何をすればいいんだろう、とか
いろいろさ、考えるじゃん。

ぼくはため息ともとれないくらいの、小さな息を吐く。

「アンニュイだねぇ。
 そういうのはね、答えなんかないんだよ。
 考えたいなら考えてればいいよ。
 ばいばーい」

え?
ママ?
どこ行くの?

「答えは自分で作るものだから。
 永遠に出ない答えは、出す気がないだけ。
 作れたら教えてねー
 ばいばーい」

えー
ママー
もうちょっと付き合ってよ~


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 我思う、故に我あり

  2. 妹の、このめ

  3. もう充分だと言われても

  4. 季節は変わっていく

  5. 去年とは違う今年

  6. すっかり写真の人になっちゃって

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)