やめられない

ニワトリちゃんが白ちゃんになって
そして特に文句も愚痴もこぼさず
それはそれとして受け止めている姿に
感動はしたんだけど
だからと言ってぼくもそうできるかと言うと
それはまた別の問題で。

パパちょっとちょっと

「あれ?なーちゃんがオレを呼ぶなんて
 めずらしいね。
 どうしたの」

ぼくは帰ってきたばかりのパパをコタツに呼んでいる。

あのね、よしよし、して欲しいの

「いいよ~
 オレもなーちゃんよしよししたい~」

パパはニコニコしながらやって来る。

だって、料理中のママを呼んでも
ダメダメ、って断られるし。

「どれどれ?頭見せてごらん」

ぼくは素直にパパの膝に乗って
頭を差し出す。

「うんうん。良くなってる。
 ちょっと毛も生えて来たし。
 シマシマじゃなくなっちゃうのかと思ったけど
 シマシマに生えてくるんだね」

パパは感心してぼくの産毛を優しくなでた。

そうそう。
それそれ。
グイグイじゃなくて
そっと撫でられたい。

パパはテレビを見ながら
あぁ、なんか幸せな感じ、なーちゃんが来てくれるなんて
時々怪我しなよ
って言ってくる。

ぼくもちょっとそう思う。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ぼく、相棒

  2. ママの作戦

  3. 水槽で生きる者たち

  4. 負けを認める

  5. キャットミント、好きだねぇ

  6. ぼくが拾われたときの話をしよう

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)