やっぱりぼくのパパだった

はい、どーぞ
はい、どーぞ

パパはぼくに布団をかける。

はい、どーぞ

もう!充分ですから!

「オレだって、なーちゃんのお世話を焼きたい!」

パパはぼくのいるベッドで一緒に横になった。

その気持ちは、ぼくも、よくわかるけど。
ちょっと多すぎるし。
やっぱりパパはぼくに似ているんだなぁ、って思う。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 時間差

  2. パパのおつかい

  3. 頭かお尻かわからない

  4. 三寒四温とはよく言ますが

  5. わざわざ行くんだね

  6. 夏が終わる

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)