やっぱりぼくのパパだった

はい、どーぞ
はい、どーぞ

パパはぼくに布団をかける。

はい、どーぞ

もう!充分ですから!

「オレだって、なーちゃんのお世話を焼きたい!」

パパはぼくのいるベッドで一緒に横になった。

その気持ちは、ぼくも、よくわかるけど。
ちょっと多すぎるし。
やっぱりパパはぼくに似ているんだなぁ、って思う。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 自分では見えないところ?

  2. 3波と寒波

  3. ぼく、相棒

  4. 風が吹けば歌が流れる

  5. レシピだけではわからない

  6. 窓越しのあいさつ

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)