まだまだ水は溜まらない

夜中にまとまった雨が降った日があって
翌日説明会をすることになってて
ママは、よっしゃ!とガッツポーズをしていたけれど
蛇口から水が出るほどは溜まらなかった。


結構降ったのにね。

「しょうがないよ。
 大容量にしたんだし
 蛇口の高さまで水位がくるのには
 200ℓは溜まらないと。
 お披露目会では溜まっていて欲しかったけど」


おや。ママが皆の前で喋ってる。

「パーゴラの構造の説明。
 理屈と現実の違いはあるけど
 それには時間の概念が入ってくるからさ。
 水を溜めることができます、でもそれには
 時間がかかります、って実演になっちゃった。
 事実だけど。
 しばらくはモニュメントなんだ。
 それも意味がある」


確かに、注目を集めだした。
タンクが満タンになっても
天気次第で空にもなる。
それはママも百も承知で
近隣に「だから水をください」って言って
「どうぞどうぞ」ってなってきた。

タンクが呼び水になった。

そんな意味もあるのか、って
ぼくは驚いている。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 何年目かのマスターズ

  2. パン屋が最後

  3. 雨の気配

  4. キャットミント

  5. 連休もおしまい

  6. だれ?その4

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)