また夏がやってくる

2人がリビングに居ないから上がって来てみたけど
やっぱりそうか。

コソコソひそひそ
って感じでマットの上で話している。

だってすごかったんだよ
あれはこの時期のあそこしかないんだから

えぇぇ
去年と一緒じゃない
翌週あたしテストなんですけど

いつもと同じ、押し問答。
ぼくは息を殺してドアの陰から見つめる。

1人で行けばいいじゃない。
あたしもう週休二日じゃないんだから。

夏休みだよ。
夏休みは別で取るでしょ?
ママちゃんだってあそこ好きでしょ?

まぁ、好きだけど。
民宿の女将さんも好きだし。

じゃぁいいじゃん。

だから、テスト前なんだって。

この流れはね、ぼく、良く知ってる。
結局ママが折れるよ。

あれ、なーちゃん
って二人はぼくに気が付いた。

また1泊してくる相談なんでしょ?
いいよいいよ。
ぼく、大人だし。

ぼくは顔を、きりっとさせて、話に参加した。

さすがなーちゃん!オレの味方!
ってパパは万歳する。

「ちぇっ。なーちゃんまで。
 なーちゃんが良いって言うなら良いけどさ。
 あとはあたしの試験勉強の問題だけだし」

ママは口を尖らせる。

そこらへんは、ママ、大丈夫でしょ?
ってぼくとパパはママを見上げる。

ちぇっ。
どいつもこいつもスパルタめ。
あたしを何だと思ってるんだ。
ちょっと予算の調整してくる。

頭を振りながらママは階段を降りていく。

ほら、折れた。
ママは損だよね。

パパは、どのルアー持っていこうかな~って
もうそわそわしだした。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 春かと思ってたら初夏でした

  2. 看病好き

  3. 蚊に刺されたし

  4. どこまでやる?

  5. 久々のお茶会はぼくの興奮から始まった

  6. ぼくだってかまわれたい

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)