ぼこぼこのけちょんけちょん

今日二人は一緒に帰ってきて
そんなに遅い時間じゃなかったんだけど
夕飯食べて来ちゃった
と言ってぼくにゴメンねと言う。

いえいえ。ぼくも適当に食べてるから。

そしてママはコタツで伸びている。

どうしたの?と声をかけようとしたぼくを
パパが、しっ、っと人差し指を口の前に立てて止めた。

今日ほら、ママの日だったから
と言ってパパはそっとコタツに入る。

あぁ。
ママはカルチャースクールの小説入門教室に通っていて
自分が書いた作品を年末に提出していて
今日みんなに感想を貰う日だった。

そして、「唐揚げ食べてビールでも飲まなきゃやってられない」と言って
パパとどこかでそれをしてきたらしい。

という事は。

またボコボコのけちょんけちょんにされたという事だ。

でも、それされに、わざわざ行ってるんでしょ?
ぼくはママを見つめる。

ママは、無言で頷く。

「こうなることはわかっていたからね。
 でも心折られると書く手が止まるから
 その前にと思って、もう次回の分出してあるんだから」

おや、とぼくとパパは目を合わせる。

強くなったじゃん、ママ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 近寄る事さえできなかった

  2. 茶黒シタちゃん

  3. ずいぶん、しっかりしたんだ

  4. ドアとかノブとか床とか壁紙とか

  5. 新しい年を迎える準備

  6. もう少しこのまま

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)