ぼくもひかえます

ねぇママ。
鯉ちゃんは大丈夫なの?

二階に上がって寝る準備を始めたママにぼくは聞いた。

「大丈夫じゃないよ。
 どちらかというと、明日の朝まで頑張れるかな、と思っているくらい」

ママはため息をつく。

そんなに悪いの?

具合が悪いのか、罪が重いのか、ぼくにはわからない。

「だって、食べた物が身体から出ないんだよ。
 はち切れんばかりになっても食べるのを止めない。
 それも白ちゃんと黒ちゃんの分を奪ってまで食べちゃう。
 いつからそんな風になったのか、わからないの。
 鯉ちゃんもわからないんじゃないかな。
 でも何事も、自分から、このままではまずい、って
 気が付いてストップをかけないといけないと思うのよ。
 気が付かない、ストップがかけられないのなら
 止めることはできない」

ママは寂しそうにうなだれた。

ぼくも食べ過ぎている気がする。
明日の朝ご飯、食べるの止めようかな。

「なーちゃんは、いつもご飯残すじゃない。
 それはお腹いっぱい、って言うところで止まっている証拠だから
 大丈夫よ」

ママはぼくのおでこを突っつく。

そぉ?じゃ安心して食べていい?

「つねにほどほど、ってしときなよ。
 鯉ちゃんの次はパパちんだね。
 あの人もお腹はち切れるよ」

ママは口をへの字に曲げて
医療保険、入っておこうかしら、と呟いた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. お墓参り

  2. 俺さまの場所だから

  3. もう病院には、いかない

  4. 台風が帰ってきたみたいだよ

  5. ぐいぐいくる

  6. 整体師が神頼みなんて

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)