ぼくは遠慮しますよ

きゃぴきゃぴしながら二人が帰ってきた。

「中々良かったのよ。
 貸し切りだし。
 すごいよね。
 今年そんな事ばっかり。
 さすがアニバーサリーイヤー」

ママが、うふふ、と布団に入ってくる。

結婚記念日だと言って
フランス料理を食べて来たらしい。

「でもそんなにかしこまってなくて
 座敷だったし。
 一つだけの個室だよ。
 あれは珍しいスタイルだ。
 量も丁度いいし」

ママは沢山は食べられないし
パパは15時ごろ間食するし
いつも夕飯の量で悩んでいることを
ぼくは知っている。

ふんふん。
ストロベリーの匂いがするなぁ。

「そうなのよ。
 最後にアニバーサリープレートを頂いて。
 やっぱり春は苺が食べたい」

この時期に結婚して正解だ
とママはうなずく。

そんなこと言って。
もうじき二人は誕生日も来るじゃないか。
苺ばっかり食べてるよ。

「そうなのよ!
 記念日が重ならないように
 記念日を組めばよかった!」

ママは、あぁーん、と言って丸くなる。

「なーちゃんの誕生日は夏で良かったなぁ。
 お誕生日はどこに行きたい?」

えぇ?ぼく?
ぼくは家に居たいので
えんりょしまーす。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ママの悲鳴が聞こえた

  2. 付き合い方のコツ

  3. ばぁちゃんの隣に並ぶ

  4. パパはしつこい

  5. だれ? その7

  6. 動揺、狼狽、

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)