ぼくは違うみたい

ぼくは自分でできないことが多いなぁ。
怠けものなのかな。
うーん。

「なにうなってるの?
 オレ、尻尾いじいじしてないよ」

パパが困った顔でぼくの顔を覗く。

なーちゃんが唸るとママちゃんが飛んでくるんだよ。
またパパちん、なーちゃんいじめてる、って。
オレ、今何もしてないんだから

パパは両手を挙げた。
冤罪反対!とか言って。

ごめん、ちょっと考え事だよ。

ぼくはパパの手を舐めた。

「あんまり人と自分を比べない方がいいよ。
 なーちゃん、またお外の子たちのこと
 考えてたでしょ」

パパはテレビに視線を戻す。

よくわかるね、ってパパを見上げた。

「そりゃ、これでもなーちゃんのパパだから。
 比べたってキリがないよ。
 なーちゃんはなーちゃんなんだし」

パパはいつもそう言う。
ぼくはそれを聞くと、少し安心する。

じゃ、さ、パパ
背中ゴシゴシして。

いいよー
と言って、パパはぼくのお腹をゴシゴシしだした。

いやいや、そこじゃないんですけど。
ぼくは自分でできない事を考えるより
どうやってパパにリクエストを通すか
考えることにした。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. はじめまして

  2. 作戦成功 その1

  3. また夏が来るって

  4. ぼくは、ここに居る

  5. 看病好き

  6. クールビューティー

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)