ぼくはクーラーの中で

涼しいなぁ
昼間とは打って変わって、涼しい。

「そりゃそうよ。クーラー付けてるし」

ママはきょとんとぼくを見る。

「昼間暑い中お留守番してもらってるからね。
 夜くらいはサービスしないと。
 でも昼間大丈夫?茹らない?」

ママは心配そうにぼくを見る。

うん。そりゃ、暑いけど、風の通るところに移動したりしてさ。
外にいるよりは楽してると思ってるんだよ。

ジャックもトラさんもミミちゃんもシタちゃんも
どうしているんだろうってぼくは心配になる。

「みんなうちに入れる訳にもいかないしね。
 ご飯は冷たくして出してみてるの。
 あと氷水。すぐお湯になっちゃうけど。
 まずは食べないと、この夏乗り切れないかもしれないからね」

ママはせっせと缶詰を買ってくる。
あいつらバラバラに来るから
いつまでたっても朝ごはんが終わらない
とママは頭を振る。
同時だと喧嘩になるし。
どうしたもんかね、とため息をついた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 年末年始感

  2. ぼくが奪ってしまった彼らの運命

  3. ぼくとミミちゃんの距離

  4. それは本能だから

  5. 自分では見えないところ?

  6. 北海道にはかなわないらしい

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)