ぼくの窓

部屋のドアに窓が開いている。

ホントは窓じゃなくて
ぼくの抜け穴だったんだけど。

夜にぼくがご飯を食べに行けるように
ドアが閉まったままでも
外に出られるよう仕様だった。
ママがスパイラルノコギリを買ってきて
穴を開けたんだ。

でも通れなくなった。
太ったからじゃないよ。

腰が伸びなくなったから。

パパとママもドアをちょっとだけ開けておくようになった。
ぼくが通れるように。

今はこうしてクッションに座って
窓として使ってる。

これはこれで。

ぼくにも新しい変化はやってきているんだ、って思った。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 玄関は涼しい

  2. コタツはもういないけど

  3. 予報ははずれて 予感は当たった

  4. パパはしつこい

  5. 評論家じゃなくてセコンド

  6. 寒が戻りますように

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)