ぼくの相談

「みんなうちの子に?」

うん、そう。
だめかな。

「あたし的には大歓迎だけど、
 外で暮らしてる子は、外のルールが身体に染みついてるからね。
 ずっと中には居れないと思う。
 逆になーちゃんが外に誘われても、外になじめないと思う。
 どっちかをどっちかに合わせるのも、どうかな、って。
 外の子が、中に入りたいです、って言うなら全然良いけどさ」

ママは、うーん、と唸る。

最近のママは唸ってばかり。

急がないで、様子みようよ、ってぼくを覗き込む。

ぼくも、うーん、って唸る。
実はぼくも不安なんだ。
もし、一緒に暮らすことになったら
仲良くやれるかな、って。

「ちーちゃんがあのまま大きくなってたら
 仲良くやれてたと思うよ。
 まぁ、まずは網戸越しに話してみなよ」

ママも複雑な顔をして、口を横に引く。

「パパちん張り切っちゃって、いっぱい釣ってきてるしね」

パパはウッドデッキに外のにゃんこが集まっていることを知ると
張り切って海釣り公園に行くようになった。

もちろん、ぼくの分もちゃんと取っておいて
お外のにゃんこにもあげてる。

「外の家族と中の家族、でいいんじゃない?」
って。

ママは、ミミちゃん、しまちゃん、シタちゃん、って彼らを呼び始めた。

ちなみに、しまちゃんはシマシマじゃないんだけど
しまちゃん、って感じじゃん、とか言って。

なんか、充分楽しそう。

そうだな。
ぼくも、ちょっとづつ、近づいて行ってみよう。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ぼくには移らないらしい

  2. 最後のお風呂

  3. 動揺、狼狽、

  4. ぼくが猫かウサギかなんて、ママにはどうでもいいみたい

  5. 家での話に加わりたい

  6. 木陰で

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)