ぼくの牙

ぼくの牙は左しかない。

右はね、折れちゃったの。

何年か前に顔をぶつけたんだよね。
折れてそのままどこかに行っちゃった。

ある日ママは気が付いて
驚いていたけど
ない物はない。

しょうがないよ。
事故だもの。

なくてもカリカリは食べられるし。

「おじいちゃんになってから
 歯が無くて困るわよ」
なんて言われたけど
牙なんて使うときないし。

他の歯?
知らないよ。
見る?

なんちゃって。
見せない。

猫歯医者なんてあったら嫌だからね。
ないしょないしょ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. けむくじゃら蔵って呼んでもらえて

  2. ぼくのためのベーカリー

  3. もう病院には、いかない

  4. ぐいぐい来るけど

  5. 免疫力が勝負

  6. 四泊五日のひとり暮らし

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)