ぼくの権利

「ミミちゃん、気に入ってたって?」

それは良かった、とママはほほ笑む。

うん。
大きさが丁度いいって。
毛布と温かいスープがあったらもっといい、って。

「スープ、飲むの?
 温かいお湯は入れておいてあげてるんだけど。
 直ぐ来ないから冷めちゃってるのよね。
 中に入ってきたら、
 リクエストにお答えしよう、って言っておいてよ」

ところで、それ、気に入ってるの?
とママはぼくに聞いた。

狭くて毛布。
うん。
温かい。

なんか、ぼくばっかり、悪いよね。

ぼくは顔をうずめる。

「悪くなんかないわ。
 なーちゃんは色々ルールも守っているし。
 ミミちゃんも注射打つ気があれば
 どうぞ、って違いよ」

あはは、ってママは笑う。

ぼくだって注射は嫌いだけど
あれのお陰で毛布にくるまれるのか
と思うと
まぁ、がんばって良かったよ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 春が来ている実感

  2. ママの作戦

  3. 応援の仕方がわからない

  4. ぼくとばぁちゃんの内緒話

  5. また夏がやってくる

  6. のびのび生きてるよ

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)