ぼくの幸せ

「あら?なーちゃん、ちょっと」

はい?
なんでしょう、ママ。

「あんた、あんよが汚いじゃない。
 あんよじゃないか、お手手か。
 どういうこと?」

「肉球が汚れるのはわかるけど
 お手手が汚いなんて。
 あたしが居ない間、パパちんお風呂入れてくれなかったの?」

ママは眉をしかめる。

ん。
まぁ、パパのお風呂はぼく遠慮したいし。
箱座りして隠してたとも言うけど。

ちょっと来なさい、
と言ってママはぼくを抱きかかえて
お風呂場に向かう。

冬のお風呂でなければ、
多少は我慢して入るけど
ぼく、苦手なんだよね。

で、さっぱりして
毛づくろいも済んで
はぁ、疲れた、って横になる。

「なーちゃんもキレイキレイなったし
 あたしも横になろー」
ってママもベッドに上がる。

お日様を浴びながら
ゴロゴロするのって贅沢よね
でも、いいよね

なんて、二人で伸びをする。

ぼくは、こんな毎日が、大好き。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 2人とも、ぼくもういい大人なんです

  2. 自分から関わってきたのかが問われる

  3. 家族写真、パート2

  4. 起きてるママを見かけない

  5. すっかり写真の人になっちゃって

  6. サンキャッチャー

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)