ぼくの変化は経験からだった

ママ。
今日もこたつで寝るんでしょ?

パパが二階に上がって、
ママがちーちゃんのうんちを出している。

「ん?
 なーちゃんも下で寝てくれるの?」

ん。
ぼくね、なんか色々思い出して。
今、ママは頑張っているんでしょ?
おっぱいは出せないけど
そばに居ることはできるかな、って。

ママは目を細めた。
その目の下にはクマができている。

「心強いわね。ありがたい。
 あたしも連日で、さすがに眠いんだけど
 寝ちゃうわけにはいかないから、また起こしてくれると助かる」

ばぁちゃんの時みたいにね、
ってぼくはウィンクした。

「着実に体重は増えてると思うんだけど
 自分で免疫作れてるのかが問題。
 やっぱり一度、病院行って来た方がいいかな。
 なーちゃんを見てくれた先生の所に行きたいんだけど
 もう近所じゃないからなぁ」

がんばれ、ちーちゃん。
ママはちーちゃんの小さな頭を撫でる。

ちーちゃんは
ぴきゃー
と鳴きながら、ママの手に吸い付いた。

おっと、ミルクか。
なーちゃん、ちょっと見てて。

ママは立ち上がった。

おぅ!
とぼくも乗り出して答える。

あれ。どこ?

「もうねー、けっこう脚力がついて、タッパから出ちゃうのよ。
 でちゃったら、首根っこ噛んで、戻してあげて」

えぇぇぇ。
ぼく、それ、できる??

「できなくてもやらなきゃ。
 あたしだって、できないことやってるんだもん」

いやぁ、世の中のお母さんは大変だね。
人間の赤ちゃんだったらもっと鳴き声もでかいし、
泣きたくなるだろうなぁ
ママはため息をつく。

哺乳瓶を片手にこたつに戻ると
いたいた、とちーちゃんをつまみ上げた。

ぼくはその隣で横になる。

寝ているわけじゃないの。
ちゃんとママとちーちゃんと一緒に居るよ、って。

ママは、くすり、と笑うと
ぼくにブランケットをかけた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ママの作戦

  2. 大丈夫だよ、ってパパは言う

  3. いざ!台湾!

  4. 藪を突かなければ蛇も出てこなかったのに

  5. また夏がやってくる

  6. おおかみねこ

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)