ぼくのためのベーカリー

くんくん

なにやら香しい。
今までぼくが嗅いだことのない匂いがする。
それは香ばしく、温かく、元気が出てくる匂いだった。

ママがキッチンでごそごそしている。

ママはパパに合わせてお店の休みを増やしたのに
パパの職場では定年で辞めたり、新しく入ったりする人のお陰で
パパの休みはクルクル動き、
2人で一緒の休みは1日だけになった。

「まったくさー。
 こっちだってお客さんの都合もあるんだから
 そんなに合わせてられないのよね。
 合わせた途端、ずれるんだから。
 もう知らない」

ママは月・水で休んでいたところを
火・水で連休にしたのに
パパは月・火、だったり
月・木、だったり
ぼくも覚えていられないくらい、変わっていった。

で、ママ、これは何の匂い?

「ふふふ。
 じゃじゃん!
 パンを焼いていました!」

おぉ~
ぼくも食べられる?

「うーん。残念!
 なーちゃんはダメ」

だろうと思った。
いいよいいよ。匂いだけで、充分。

「それなのよ。
 パンが焼ける匂いって、いいでしょ?
 深呼吸したくならない?
 これをママのお店でできないかなー、って。
 アロマの香りより、パンが焼ける匂いがいいな、と思って。
 でもなかなか手が離せないのね、パンって。
 時間もかかるし、食パンじゃなきゃ、中身も考えなきゃいけないし」

うーん、とママは腕を組んでいる。

まぁ、でも。
ママ、時間で来たんでしょ?
ゆっくり考えなよ。
お家でやってくれると、ぼくも匂いかげて嬉しいし。

「そう?
 じゃ、なーちゃんのための特別なパン屋になろうかな」

そしてママは
出来立てのパンにかぶりついた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 話題のストーリー

  2. パパのリクエスト

  3. 人間と暮らすということ

  4. 深呼吸をすればいい

  5. シタちゃんのお散歩

  6. 片付けの手伝い方

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)