ぼくのためのバリアフリー

ぼくが落っこちたベッドの隙間を埋めるために
ママは使っていないコタツ布団カバーを詰め込んだ。

「よし。これでもう落ちない」

ぼくも乗っかって確かめる。

うん。大丈夫。

けっこう居心地もいい。
ちょっと隠れる感じになるし。

このバリアフリーは、ぐるっとL字に貼られて
在庫毛布だらけになってる。

「今度の休みにちゃんと整備するけど
 ひとまずはこれで」
ってママは頷いている。

「転ぶと骨折するかもしれないからね。
 見た目が可愛いからわかりずらいけど
 なーちゃん、お爺ちゃんだし。
 って言うか、赤ちゃんがいる家みたいになっちゃったけど。
 そう言えばなーちゃん、子猫の事によく無事だったわね」

子猫の時も、色々隙間に入ったけど
落っこちはしなかった。
機敏さが無くなったのか。

「まぁ、これで危険度は下がったから
 安心して暮らしたまえ」

うん。
安心してウロウロします。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. まだ夏は続いている

  2. そうか、君はもういないのか

  3. 12月の愉しみらしい

  4. 花もりもり

  5. 爪切りバトル

  6. どんな時でも捉え方は色々で

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)