ぼくとミミちゃんの距離

ねぇ、ママ。
雨が降っているんだけど
ミミちゃん来てるみたい。

ぼくはママに声をかける。

よしどれどれ、とママはご飯を用意して
ウッドデッキに出した。

「ミミちゃんは、だいぶ慣れてるんだよね。
 触っても怒らないし、あっちこっちで
 可愛がられてる感じがする。
 逆にしまちゃんはダメだね。
 触らせてくれない。
 男女の差かしら」

雨に当たらないように
窓ぎりぎりに置いたご飯を
やっぱりミミちゃんも雨に当たらないように
窓ぎりぎりのところで食べている。

ぼくはそっと近づく。

ミミちゃんは、ちらっとぼくを見て
すました顔して、食べ進める。

「そうそう。その調子。
 いきなりグイグイ行く男はだめだぞ」

ママも離れたところでしゃがんで
様子を見ている。

そう、その距離感、大事、って。

そう?
この感じ?


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ずいぶん、しっかりしたんだ

  2. ひゅーひゅー鳴っていても

  3. ぼくの知らなかったこと

  4. ミッション インポッシブル

  5. 焼きが回ったのかもな

  6. ひとりの時間を満喫する

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)