ぼくとパパではしょうもない

「ねぇ、なーちゃん」

パパが布団でゴロゴロしながらぼくに話しかける。

なぁに、パパ。

「暇だねぇ」

まぁ、そうだね。

ぼくは壁を使ってストレッチをしながら答える。
パパはお休みで、いつものお休みだってとくに何もしないのに
今日は暇だ暇だと朝からうるさい。
でも、暇だ、と言っている以外は
別にいつもと同じことをしているように見える。

「だってママちゃんは旅に出てて、オレとなーちゃんは
 お留守番だなんて」

パパは口を尖らせた。

だってそれは、パパがママのお休みと合わせないからでしょ?

「だってお休みはオレが決めるんじゃないんだよ」

パパはプイと横を向く。

でも職場の人とゴルフに行くときは
休みを合わせてるでしょ。

「だってそれは合わせやすいから」

パパはタオルケットを被り、ごにょごにょと答える。

ふーん。
ママはパパに合わせてお店の定休日を変更してきたのにね。
だから旅に出ちゃったんだよ。

パパはタオルケットの隙間からぼくを盗み見る。

「あれ?なーちゃん、壁歩いてるみたい」

ん?
なにそれ。

パパは何かのコンセントを引っこ抜いて
また布団に横になってぼくを見る。

「ほら、こうでしょ?
 これをこうして」

「くっるっと回すと」

「壁を歩いてるみたい!」

きゃー♪
ママちゃんに送ってあげよう~♪

パパは送信ボタンを押した。

・・・。
ほんと、ぼくとパパではしょうもない。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 段ボールが好きで

  2. 花咲かちび子、ふたたび

  3. でも元気でした

  4. お留守番

  5. 冬の陽

  6. 青の世界

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)