ぼくとパッチワークと

あぁ。朝日が気持ちいい。
ぼくが朝日を浴びながら、ウトウトする日がくるなんて。

これまでパパのお仕事は、お客さんの夜ご飯を作ることが多くて
だから朝は遅くまで寝てて
だからカーテンが締まっていて
ぼくが昇ってきたばかりの太陽を見ることなんてなかったんだ。

「その座布団、いいでしょ。
 作っておいて良かったな」

ママが洗濯物を干し終えて、ぼくの隣の席にすわる。

ぼくの席に置かれた座布団は
パッチワークでできていて
ママはそんなの作ったこともなかったんだけど
ばぁちゃんが死んだときに
ママのお店のお客さんが、材料一式持ってきて
とにかく、これでもやりなさい、って置いていった。
当時のママはまだ少しぼんやりしていたんだけど
お客さんに言われるがまま
布に線を引き、切って、アイロンをあてて
糸でつなぎ合わせ、座布団カバーになった。

「ばぁちゃんが死んで、もう2年も過ぎちゃったのか。
 早いもんだね」

ママはくるりとぼくの椅子を回した。

あんた、それ、良く似合ってる
って言うと、ママは
ばぁちゃんと同じ笑顔でゆっくり目を閉じた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. リメイクっていいもんだね

  2. 男心なのか

  3. 発端は、ぼくのおしっこ

  4. 土の匂いと春のママ

  5. 話題のストーリー

  6. ぼくとミミちゃんの距離

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)