ぼくが拾われたときの話をしよう

ぼくはお母さんとはぐれていて、
小学生の女の子がブロック塀の上においてくれたことはわかってた。

でも何も見えなかったんだ。

目ヤニで目がふさがり、
何日も食べていなかったから肋骨は浮き出て、
毛の間にはノミが沢山いるのを感じていた。

気温は高かったんだろうけど、
寒くて、
ふらってして、
バランスをくずした。

落下しているのはわかったよ。

でもどうすることもできなかったんだ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 明るい茶色のシマシマは、風と共にさりぬ

  2. 取材終了

  3. ぼくはママを整体師だと思ってた

  4. 身体に染みついた警戒心

  5. 通りを緑に

  6. 本業もやってるの?

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)