ぼくが奪ってしまった彼らの運命

パパとママが心配していた
ワタボコリの子供たちはこの一ヶ月で、
半分になっていた。

もしぼくがママの手に落ちなかったら
もしママがお昼を食べに部屋に戻ってきていなかったら
ぼくは彼らに交じって、
ワタボコリの子供のふりをしたかもしれない。

ワタボコリが怒らなければ、だけど。

それ以前に、道路の隅で干からびていたかな。

ワタボコリの、いなくなった子たちのように。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 冬の陽

  2. パーができる

  3. お正月が見え始めた

  4. あれから1週間

  5. ぼくはもう落っこちない

  6. 雨と晴れと沼津と井田と

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)