ぼくがおじいちゃんになっても

「どう?寂しかった?」

ママはぼくに尋ねる。

ぼくは首を振った。
そうでもなかった。
トラさんにはぼくと出会った頃の記憶はないかもしれないけど
なんか、昨日のトラさん、可愛かったな、って。

「そうだね。トラさんはトラさんだし。
 でもトラさんって感じじゃなくてトラちゃんって感じ」

ママはクスリと笑う。

そうだね。おじいさん、って呼ぶより、おじいちゃん、って呼ぶ方がなんか仲良しな感じだよね。
ぼくはそのちょっとの差を気に入る。

「ね。ニュートラさんだよ。
 トラちゃんは温厚だからね。
 頑固じじいじゃなくて良かった」

あはは、とママは笑っている。

でもあちこち剥げちゃってるけど、大丈夫かな。
ぼくはそれが心配だった。

「まぁ、湿疹で毛が抜けちゃってるけど
 年齢にもよるのかも。
 年を取るって、こういうことなんだね。
 あたしもトラちゃん見習おう。
 年を取れば、どうしても見た目が悪くなっていくもの。
 でも温厚で、いつもニコニコしてれば可愛く見えるものね」

ママは、うん、とうなづいて
笑顔って大事だね、と言った。

ねぇ、ぼくが剥げても可愛いって言ってくれる?
ぼくは小さな声で聞いてみた。

ママは、もちろんよ、と応えて
私が~おばさんになぁても~♪
と歌いだした。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 縄張りを争う音

  2. 食欲の

  3. とは言え、ちょっと落ち込む

  4. だれ? その9

  5. 2人はぼくの事を話している

  6. でもやっぱり、寂しかったし

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)