ほら、テルマエロマエの

「あら、なーちゃん。ひなたぼっこ?」

レースのカーテンを開けながら、ママがぼくを見つけた。
このレースのカーテンは、通常のものよりも厚いらしく
姿が透けて見えない。
ぼくは隠れていたつもりもなかったんだけど。

「なーちゃんのリクエスト通りでしょ。
 日向ぼっこもちゃんとできます」

この家に引っ越してくる前、
ぼくはリクエストを出した。

そうそう。
こういう感じ。

日向の匂いっていいわよね、ってママは伸びをしながら
ほほ笑んだ。

日向の匂い?
くんくん。

「いや、そうじゃなくって。
 お日様にあたった、なーちゃんの匂い」

そうなの?

「えー。
 ちょっと、あんた、彫りの深い顔になってますけど」

ん?
なにそれ。

そして、数日の間
ママはぼくを阿部寛と呼んだ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. つっぱることが男のたった一つの勲章だぜ

  2. 大人の手腕

  3. 嵐が過ぎ去るまでに

  4. ウェディングの準備

  5. 心躍る宝の山

  6. 18年越しの

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)