ふたりばなし

「どぉ?慣れた?」

パパはぼくにタオルケットをかけて、話しかける。

うん、まぁまぁ。

「別に、寒いわけじゃないんだよね。
 無いと寂しい、ってだけで。
 何かにくるまれてたいんだよね」

そうそう。

そこらへんはぼくもパパと同意。
ただ、有って欲しい、ってことなんだよね。

「そうそう。
 だけどママちゃんは寒いのかな?って思ってる。
 だからタオルケットと毛布が混在する」

そうそう。
ぼくもそこらへん、変なの、って思ってた。

寒いわけじゃないのにねー、って二人で顔を見合わせる。

「例えばだよ、こうはなっていたいけど
 寒くて丸まってるのとは違って」

と言ってパパはぼくを毛布にくるむ。

そうそう。
こうなっているのは好きなんだけど
長くは居れない。

ねー、って2人で顔を見合わせる。

「何二人でひそひそやってんの?」

ママが忍び足で階段を上がって来ていて
突然部屋に顔を出す。

ぼくとパパは、いえ、こちらの話でーす
と言って急いでタオルケットにもぐりこんだ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 止められないこと

  2. ぼくの変身

  3. 俺さまの場所だから

  4. 安全な場所だと思っている

  5. ぼくもひかえます

  6. 珍しいこともあるもんだ

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)