ひゅーひゅー鳴っていても

今日はママのお休み。
でも相変わらず朝早くから起きてお掃除をしている。
「がっつりお掃除できるの水曜だけだから。
 あんたのおしっこ探しが大変なんですよ」
ママはじろりとぼくを睨む。
えへへ。

ジャックも朝ごはんを食べてどこかに出かけ
三度目の洗濯が終わったころだった。
窓の横で、ひゅー、ひゅー、と音がする。
その音はゆっくりと庭へと近づいてきた。

トラちゃん!

トラちゃんは台風を乗り越えていた。
ママが急いでご飯を用意する。

剥げていた耳も鼻も、すっかり毛がはえている。
でも。
トラちゃんが息を吸うたび、音がする。
ひゅー、ひゅー、と音がする。

ぼくはママと顔を見合わせた。

「トラちゃん、鼻が詰まっているの?」
ママは風邪ひいた?とトラちゃんに尋ねる。

ご飯を食べ終えたトラちゃんは、ウッドデッキで丸くなった。
ゼイゼイ、とは違う。
普通に息を吸うだけで、ひゅー、と音がする。
呼吸をしている間、ずっと鳴っている。
息を吸うたび、左の首が攣れている。

「肺が、おかしいんだ。
 母の時と似ている。
 こんなに音がしちゃ、どこの家からだって
 シッシッ、ってされちゃうし
 きっとゆっくり眠る場所なんてなかったんじゃないかな」

ママは眉間に皺を寄せた。

トラちゃんは、ここは追い出されない、と安心したのか
ごろりと顔を上に向ける。
それでも、ひゅー、ひゅー、と音がした。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 名づけ親がママだと

  2. ぼくの知らなかったこと

  3. 看病好き

  4. 自転車で坂道を

  5. すべてを助けるなんてできない、とママは言った

  6. PC作業はさせない

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)