ひなたぼっこをしていただけ

ママにブンブンの刑をくらって
それでもまだぼくは
ブスブス思っていて
ベランダに出て
はぁ、とため息をついていた。

よっこいしょ、と横になる。

お日様に温められたコンクリートが
ぼくを優しく抱き留める。

気持ちがいい。

やわらかい風にひげがそよぐ。

おや。

お母さんに手を引かれた女の子が向かいの通りを歩いていた。
下を向いて、なんだかぐずぐず言っている。
「ほら、さっちゃん。見てごらん。猫さんがひなたぼっこしてるよ」
お母さんがぼくを指さした。

女の子の頬には涙の痕があったけど
ぼくを見つけると、ぱっと表情が明るくなった。

ぼくは、大きな声で声をかける。
どうしたのー、って。

「あー。猫さん、なんか喋った~」
女の子は笑顔でぼくに手を振る。
ぼくもつられて口角を上げた。

「あー。猫さん、笑った~
 バイバーイ、猫さん、バイバーイ」

お母さんもほっとした顔でぼくに手を振る。
声には出さなかったけど
口の形で
ありがとう
って言ったのがわかった。

ぼくの鼻が大きくふくらむ。

これか。
これなのか。

ママが帰ってきたら、話してみよう。

きっとママは笑って
ほらね
って言うんだろうけど。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ついに今週末か

  2. ぼくとばぁちゃんの内緒話

  3. 浮世絵を描いていたり、海賊だったり

  4. 見守り隊

  5. ジャックの残り香

  6. 何度でも何度でも

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)