ママの提案

「ぱぱちん。お話があります」

ママはトントンと椅子を叩く。

無理無理無理無理
と、パパは首を振った。

「まだ何も言っていません」

そうだよね、とパパは大人しく椅子に腰を下ろした。

なーちゃんは、ここ
と、ママはテーブルをトントンと叩く。

ぼくも大人しくテーブルに上がる。

ママは、みなさん、良いですか?と見回すと
大きく息を吸い込む。

「ぱぱちん。お家買って」

きゃー
無理無理無理無理
と、パパはさっきよりさらに大きく首を振る。

「なにも最高級の家を買ってくれ、って言ってるんじゃないの。
 中古でいいから、出て行って、と言われない場所が欲しい。
 さらには、ローンを組んだらここの家賃より安くなるような、家。
 安くなった分を貯金に回して、ってしないと
 仕事ができなくなったとたん、アウトだから。
 お蕎麦屋さん、ボーナスなしだよね?
 とても退職金の積み立てをしてくれてるとも思えない」

パパはぼくを抱き上げて、ギュっと抱きしめる。
うぇぇん、ママちゃん怖いよ~
ってぼくに顔を埋める。

「仲良くやれてて
 楽しく通っている職場なら、辞める必要はないし
 でも収支を合わせていかないと、それも続かない。
 今もしママが妊娠でもしたら、アウトなの、知ってる?」

パパはブンブンと顔を振る。
ぼくもブンブンと顔を振る。

「うちはなーちゃんも居るし、子供を作ることに重きを置いていないけど
 できてしまった場合の事は考えてる?」

パパはブンブンと頭を振る。
ぼくはキョトンとママを見返した。

「なーちゃんだけで、充分なんだけどね」

ママはぼくの額を突っつく。

「なんにせよ
 なーちゃんは借り物の家におしっこし過ぎだし
 パパちんは現金を物に変えておいたほうがいいと思う。
 いくつか物件見繕ってみるから。
 もし良さそうなのがあったら
 考えて」

ぼくとパパは顔を見合わせる。

引っ越し、ってこと?


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. パパとばぁちゃんの夏休み

  2. ぼくは、ここに居る

  3. 土の匂いと太陽の日差しと

  4. 多種多様

  5. 外も中も関係なく

  6. 相変わらずなぼくら

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)