ばぁちゃんの隣に並ぶ

ちーん
とママは鐘を叩いた。

「まったくもう。
 写真ばっかり増えちゃって」

口をへの字に曲げる。

パパとママの間に挟まれた、ちーちゃんの写真は
ほほ笑むばぁちゃんの写真の隣に飾られていた。

ぼくは背伸びをして、写真を見る。
知っている二人。
話したり、匂いを嗅いだりしたこともある。
でも、もう話もできないし、匂いもない。

これが、死んじゃうって事なんだね。

ばぁちゃんは、寿命だから、と笑っていた。
ちーちゃんは、自分の目でぼくたちを見ることもなく逝ってしまった。

胸の中に、冷たい風が吹く。

「まぁ、寂しいけど、悲しくはないのよね、あたしは。
 一緒に居れる時間は充分楽しく過ごせたと思ってる。
 一緒に死ぬことはできないし、それを望まれてもいないし」

なーちゃんとパパもいるから、ね。
とママはぼくを抱き上げた。

ぼくもいつか、ここに飾られるのかな。
ママはまた、目を開けたまま、涙を落とすのかな。

ぼくはママの顔を舐める。

ねぇ、ママ。
ぼくの時も、ばぁちゃんの隣に写真置いてね
って言うと、
ママは目を三角にして

お断りだ!
隣はあたしだ!

と叫んだ。

関連記事

  1. だれ? その7

  2. 安全な場所だと思っている

  3. ついに今週末か

  4. 健康の道

  5. ぼくとママの応援

  6. ママさんと遊んでやる

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)