ばぁちゃんの命日

早いものだな、と思う。
あれから丸9年経つのか。

命日でも
パパとママはお墓参りには行かない。
「手を合わせることはどこでもできるからね」
と言って。

ママは形だけやる、というのを嫌うからなぁ。
でもきっと今日の夕飯は、ばぁちゃんが好きだったものだ。

ぼくが死んだらチュールが毎年お皿にあがるのかな。

生きてるときに出して欲しいよ。
死んだら食べられないじゃないか。

と、思って、
あぁ、そうか、と思った。

だからママは、ばぁちゃんが生きてるうちに
出来る限りの事をしたんだ。

ばあちゃんはよく、
「死んでから来たって遅いのよ」
って笑ってた。

今日もまた、あの日と同じ、真っ赤な夕日かな。
あの日、婆ちゃんが寝ていた布団をオレンジの光が包んだ。
綺麗だったんだよね。
死ぬって、悪くないな、って思うくらい。

今日もそんな日だといいな。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 河岸でスズキが釣れている

  2. 明け方の月

  3. ひとつずつクリアにしていく

  4. 信用してるから

  5. 緑の中を走り抜けてかないぼく

  6. モンスターの気持ち

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)